Miki男 半年

くーたろー(Miki男)の幸せ便りが届きました!


くーたろー(Miki男)の半年のご報告です。男前になったでしょ?


くーたろーが世界一ハンサムだと思うんですが、兄弟のシャープ君も同じくらいハンサムで、ニヤニヤしながら幸せだよりを拝見しました。幸せそうでしょ?

くーたろーが世界一幸せだと思うんですが、もしかしたらくーたろーと一緒に暮らせる我々ニンゲンが一番幸せかもしれません。くーたろーはたまに猫みたいに見えますが、ほぼニンゲンだと思います。

時々ニンゲン語で返事したりしますので。2月に虚勢手術も済みました。病院で大暴れして、先生の手のひらをザックリえぐり、診察室からあっという間に消え去りました。びびりん坊です。

台所に何か食べ物を置いておくと、上手にラップを剥がしたり袋を破って中身を美味しく平らげてくれたりします。食いしん坊です。作りおきのおかずは電子レンジの中に隠すという、新しいルールが我が家にできましたよ。

N家のニンゲン達は、くーたろーに翻弄されて、あまりの幸せに痺れまくっています。相変わらず子供らとも仲良くしてくれるくーたろー。特に長女には一切抵抗しません。長女のとなりでスコ座りして仲良くテレビ見てる姿が定番です。次女は踏み踏み台です。熟睡している次女の腹を爪を出した手で力強く踏み踏みして「ぐえっ」と言わせるのも毎晩のルーチンです。実は私、2月に大病が発覚しました。一般的に死をイメージするあの病気です。

4月に手術してほぼ治ったような状態ですが、入院中はくーたろーに会いたい一心でただただ耐えました。おかげでさっさと退院することができました。くーたろーが存在してくれることが我々の支えになっています。あの日あの時、勇気を出してお見合い希望の電話をしてヨカッタ。縁を繋いでくれて本当にありがとう。これから先、何年も何十年も、くーたろーと我々の幸せな生活は続いていきます。いつか「その日」が来ることは間違いないですが、一分一秒でも長く時間を共にできるように、大切に大切に日々を過ごしていきます。ねこたまごの皆様も、お身体ご自愛くださいね。


一匹でも多くのニャン達が、幸せな出会いを得られますように。


ねこたまごさんの素晴らしい活動がこの先も長く続きますことを強く祈念致します。ずっと、応援させていただきますね。