ちょっと小話のページ


 虹の橋

 

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

 

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、元のからだを取り戻すのです。

・・まるで過ぎた日の夢のように。

 

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。

それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんがここにいない寂しさのこと・・。

 

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日・・草原に向かってくる人影が映るとその中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

 

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

全力で、速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

そしてもう二度と離れたりはしないのです。

 

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から長い間失われていたけれど、その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

 

 

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。

打ちのめされ、飢え、苦しみ、誰にも愛されることのなかった子たちです。

仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。

この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。

地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

 

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、誰かが立っているのに気づきます。

その人は、そこに繰り広げられる再会を、うらやましげに眺めているのです。

生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。

そして彼もまた、打ちのめされ、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかったのです。

 

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。

「どうして彼はひとりぼっちなんだろう?」っと、不思議に思って。

 

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、そこに奇跡が生まれるのです。

そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。

地上では巡りあうことができなかった、特別な誰かさんと、その愛する友として。

 

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

 

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

 

 


 十戒

 

1、私の一生は、15年から20年くらい。

  何があっても最後まで、あなたの傍においてもらえますか?

  私と暮らす前にその事をよく考えてください。

 

2、あなたが私に望んでる事を、ちゃんと分かるようになるまで少し時間を下さい。

 

3、私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。

 

4、私の事をずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。

  あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。

  でも、私には・・・あなたしかいないから。

 

5、時には話しかけて欲しい。たとえあなたの言葉が分からなくても、あなたの声は

  届いてるから。

 

6、私の事をいつもどんな風に扱ってるか、考えてみてください。

  あなたがしてくれた事を、私は決して忘れません。

 

7、私を殴ったり、いじめたりする前に思い出して欲しい。私は鋭い歯や爪であなたを

  傷つける事が出来るにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めている事を。

 

8、私が言う事を聞かないだとか、頑固だとか、怠けてるからと叱る前に、私が何かで

  苦しんでいないか考えて欲しい。

  もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、太陽が照りつけてる中に長い間

  放っておかれた事はなかったでしょうか。それか、もう体が老いて弱ってきてるか

  もしれません。

 

9 私が成長し大人になって年を取っても、私の世話をして欲しい。私達はお互いに、

  同じように年を取るのだから。

 

10 最後のお別れの時まで、そばで一緒にいて欲しい。「辛くて見ていられない」とか

  「立ち会いたくない」とか、そんな事言わないで欲しい。

  あなたが隣にいてくれる事が私の幸せです。どんな事でも安らかに受け入れます。

  そして、どうか忘れないで下さい。

  私がいつまでも、あなただけを愛している事を。

 

 


 猫の年齢早見表


猫の年齢  人 間 

成 長 過 程

 成長期(幼猫) 出生 0歳

体重約100~120g
ほとんど眠っている。目が開かず耳も聞こえない。排泄も自力で出来ない。

1週間 1ヶ月

体重約200~250g
目が開く(目の色はみんな青灰色)。耳が聞こえる。母猫から離れない。

2週間 3ヶ月

体重約250~300g
目が見えるようになる。耳が立ち、足を八の字開きでよたよたと歩き出す。

3週間 6ヶ月

体重約300~400g
歯が生え始める。自分で排便が出来る。離乳食を開始する。
爪を引っ込められるようになる。兄弟で遊び始める。

1ヶ月 1歳

体重約400~500g
喉を鳴らしたり感情を表すようになる。そろそろ乳離れ。
トイレのしつけも開始。第1回目の駆虫を行う。病気に注意する。

2ヶ月 3歳

体重約950~1000g
目の色がそれぞれの色に変わる。乳歯が生えそろう。母猫が授乳を嫌がる
遊びからの社会性や母猫から狩りなどを教わる時期。
トイレのしつけができているとよい。ちょっと早いが里親にあげてもよい頃。
仔猫用をフードを与える。最初のワクチン接種を受ける。病気に注意する。

3ヶ月 5歳

体重約1~1.5kg
走り回り、じゃれて遊ぶ。しつけを完了しシャンプーや皮膚の手入れを開始
里親にあげるならこの時期。ワクチンの追加接種。

6ヶ月 9歳

体重約2.5~3kg
乳歯が抜けて永久歯が生えそろう。被毛が生え変わる。よく遊ぶ。
一人前の顔。この頃から去勢・避妊を受けさせることができる。

9ヶ月 13歳

体重約3~3.5kg
メスの初めての発情が早まる。(早い猫なら7~8ヶ月で発情する)
爪とぎの手入れをさせる。

維持期(成猫) 1歳 17歳 体重約3.5~4.5kg
成猫と同じ大きさになる。門歯が減り始める。成猫用フードを与える。
オスは交尾をすることができ、メスは妊娠し子猫を生めるようになる。
1歳半 20歳 何とか一人前となる。食事を成猫用に切り替える。
2歳 23歳 オス猫の発情期がさかんになる。ケンカによる怪我や感染症に注意!
3歳 28歳 オス猫のサカリ全盛期。ケンカによる怪我や感染症に注意!
4歳 32歳 毛のツヤも最高!まだ若い。貫禄が出てくる。活発に行動する。
5歳 36歳 運動能力が低下してくる。犬歯が衰え始め、歯が丸くなり始める。
口の周りに白いヒゲが生えてくる。落ち着いた大人の猫になってくる。
6歳 40歳 肥満が増える。白髪が混じる毛色が薄くなる。腎不全に注意!
高齢期(高齢猫) 7歳 44歳 高齢になってきたので肥満に注意する。寝てることが多くなる。
そろそろ老猫(シニア)用フードを与える。
8歳 48歳 体の衰えが目立ち始める(寝てばかりいる、体が硬い、歯が抜けるなど)
9歳 52歳 シニア食に切り替える。触ってあげる。
10歳 56歳 老猫の入り口。だんだんと眠る時間が増えて1日中寝るようになる。
歯が抜けはじめる。毛つやがなくなり白髪が出たり抜けるようになる。
すばやく動けなくなる。食事と便秘に注意。病気になりやすくなる。
11歳 60歳 昔の寿命を過ぎた。後は振りで生きるのか?まだ元気な猫も多い。
12歳 64歳 平均寿命。運動不足や寝たきりにならないよう適度な運動をさせる。
食事も1度で食べれなくなるので数回に分けるなどする。
13歳 68歳 白内障などが出てくる頃。
14歳 72歳 日本にはまだまだ多くいる。
15歳 76歳 動くのがだるそうになる。
16歳 80歳 ほとんど寝てる。足腰が弱く神経も弱くなってくる。食べるのに痩せてくる。
ボケの症状が出る(エサを催促を何度もする、やたらとうるさく鳴く、夜中に徘徊する、トイレを失敗する)。
超高齢期(長寿猫) 17歳 84歳 長寿に突入!
18歳 88歳 すごい!でも日本には結構いるのよ。
19歳 92歳 そろそろ飼い主も覚悟できたかな。
20歳 96歳 昔の寿命の倍生きた。急にこの年まで生きてる猫の数が減る。
21歳 100歳 ほとんど見かけない。
22歳 104歳 長寿猫で表彰されるよ。
23歳 108歳 長寿猫で表彰されるよ。数匹しかいないだろう。メスかな
24歳 112歳 長寿猫で表彰されるよ。数匹しかいないだろう。メスでしょう
25歳 116歳 長寿猫で表彰されるよ。数匹しかいないだろう。